header
  氏名 プロフィール




田守 順
(1959年生)

組織・運営・管理
セミナー・コンサルタント
AMX通信
(業界情報担当)
アミュゼクスアライアンス 代表世話人
(株)アミュゼクスアライアンス 代表取締役

明治大学 商学部卒 多摩大学大学院経営情報研究科修了 MBA取得
中小企業診断士 宅地建物取引主任者 公認プライバシーコンサルタント(CPC)
所属学会:日本商業学会正会員 日本マーケティング学会正会員


 大学卒業後、地元北海道帯広市の老舗百貨店に7年半勤務。30歳の時事業承継のため退社し父の経営する企業に入社。パチンコ事業を担当し、ホールスタッフから始まり、釘師、営業部長を経験かつ社員教育、プロモーション関係、新卒募集等運営全般を担った後、経営者としてパチンコのチェーン店を展開し、10年間で3店舗から9店舗に拡大(2003年5月終了)。
 その間地球貢献活動の一環とし青年会議所活動に参加、1999年度(社)日本青年会議所副会頭に就任。40歳の青年会議所活動終了を機に、実学で定評の高い多摩大学大学院に入学、経営者としてIT時代にも対応すべくマーケティング戦略論を中心に学びMBAを取得。
 その後コンサルタント会社を設立し、経験を活かしたサービス業中心のコンサルタント業を展開し、特にパチンコ店関係では、ホールの現場から経営者まで経験し、さらに成功から失敗まで経験したという稀な履歴が幅の広い経営コンサルに繋がり好評となる。
 (株)アミュゼクスの代表取締役等を経て、経営コンサルタントの国家資格である中小企業診断士の資格を取得し、業界関係書籍を2冊出版、関係学会の正会員に名前を連ねる。また2014年6月には、高崎経済大学の大教室で「ベンチャービジネス論」の講義を行う等、経験に加えさらに理論の構築を向上させ現在に至る。
著書:「パチンコ店営業の戦略論」「パチンコ店の金融戦略」共著(遊技通信社)




駒村 裕
(1954年生)

組織・経営・財務会計
会計 金融 全般
AMX通信
(財務・金融等担当)
アミュゼクス アライアンス 常勤顧問
駒村公認会計事務所 所長

慶応義塾大学 経済学部卒
公認会計士 税理士


 大学卒業後1978年に公認会計士第2次試験合格、会計士補となる。同年監査法人朝日会計社(現あずさ監査法人)に入社。1982年に公認会計士第3次試験合格、公認会計士となる。監査法人では新たな事業分野の開拓を手がけ、第3セクターの設立運営のコンサルティング、企業再生、M&Aコンサルティングを展開した。特にバブルの崩壊後、不良債権処理、企業再生等の業務に特化しいくつもの成功事例を残している。アーサーアンダーセン(現KPMG)のもと(株)GMD(グローバルマネージメントディレクションズ)代表取締役を歴任する。
 パチンコ業界における中小規模の企業をサポートする目的で、アミュゼクスというアライアンス組織を確立し、戦略、経営、組織、人材教育、財務、会計、税務等の幅広いノウハウの提供や、アライアンスメンバーの交流促進を行っている。
著書:「パチンコ店の金融戦略」共著(遊技通信社)




石井 孝
(1944年生)

AMX通信
(経営全般担当)
アミュゼクスアライアンス 特別顧問
アット・ビジネス・コム(株) 代表取締役

早稲田大学 第一商学部卒
経済産業省推進資格ITコーディネーター
2004年度日本経営品質賞審査員


 大学卒業後外資系半導体メーカーで、経理・生産管理を米国テキサス州ダラス工場及び埼玉県鳩ヶ谷工場で経験。ソニーとの合弁日本法人本社で経営計画・予算プランナーを歴任。
 その後、リース会社経営、不動産担保ローン会社社長を体験し、法人融資先の与信システムの開発等を行って、経営全般の実務経験を深める。
 その体験を活かし、経営コンサルタントとしても、建設業、流通業(小売、卸、飲食)、ソフトウェア開発業、鉄鋼メーカー等、25年で270社の経営改善、再建、収益性向上、人材教育、システム構築に携わる。郵政公社研修講師、道立教育研究所講師を務め、ユニークな人材教育方式を確立。流通業とフランチャイズチェーンシステムのノウハウを融合して、パチンコ業の多店舗化運営、経営戦略、人材育成、経営システムの構築に独自の分野を切り拓き、数社に展開している。




山本 賛石
(1972年生)

AMX通信
(業界現場情報担当)
アミュゼクスアライアンス アドバイザー
(有)イコール 代表取締役

法政大学法学部卒


 大学卒業後、朝銀東京信用組合に入社。約3年の勤務後、中小企業診断士試験(一次試験合格)を通じてマーケティング等企業経営に関する知識を学ぶ。その後、埼玉県のホールに3年勤務し店長を歴任。引き続き家業の販社勤務でもパチンコ業界の実務を経験。一時、潟Aミュゼクスにも在籍し、モンゴルや韓国でのパチンコ店オープンに関係し、現在、東日本遊技機商業協同組合所属の販社の経営を行っている。




北野 重敏
(1955年生)

組織・経営・業務全般
セミナー・コンサルティング
AMX通信
(業界関係動向及びメーカー情報担当)
アミュゼクスアライアンス 常勤顧問
  (株)ヒュープネクスト 代表取締役

京都大学 工学部卒


 1980年電子機器メーカー(上場)にて技術開発(CD、半導体など)に従事する。1989年三和総合研究所にて経営コンサルティング部門に所属し、各企業向け中期経営計画策定、新事業・新商品開発、ISO9000・14000システム資格取得など戦略立案支援を行う。対象業種は、金属機械製造業、外食サービス業、物販業、建設業などである。アミューズメント関係では、遊技機メーカー、遊技機販社、パチンコホールに対して経営計画策定を支援する。
 2001年〜遊技機販社(上場)、遊技機メーカー(上場)にて役員を務め、経営企画、遊技機開発・販売に参画する。遊技機販社在籍中には、回胴遊商理事を務める。2009年〜パチンコホール企業にて顧問を務め、経営計画、経営管理に参画する。2011年〜アミュゼクスアライアンスに常勤顧問として参加、現在に至る。
著書:「アミューズメント」(産学社)「パチンコ店の金融戦略」共著(遊技通信社)